理事長 小堀雄久からのメッセージ

この財団は, 愛国心あるいは郷土愛に富み, それに報いる力を身につけたいと思う若者又はこれはと思う発想を持った起業家を援助する一助にしたいと, 私財を中心に設立したものであり, やがて志を一つにする同士により, より力のある公益財団にすることを願っております.
さて, 私がなぜ, 財団を設立したかその一端をご理解いただければと思い, 私のたどってきた道をかいつまんで紹介することにします.

誕生

昭和7年6月に東京府浅草区橋場に生まれました. 父の小堀明次は, 大中小名, 大中小財閥, 大地主が所有している古代時計の修理などを行う天才的技術者で, 大正14年4月にこの浅草に自営の工場を設立し, 弟子をかかえましたが, 自分の後継ぎを養成することは不可能であると悟り, 弟子のため時計部品の製作を行い, 自分は古代時計の修理をおこないました. 父明次と母コウは3男6女の子どもをもうけ, 私はその第6子, 3男として生まれました. 父は, 昭和13年5月に亡くなるまで, この大家族を支え続けてたばかりではなくかなりの資産と数名の技能者を残してくれました. それ故, 小堀一族は家業を続けることが出来, また私は当時不治の病といわれた敗血症から, 日本になかったペニシリンによって一命をとりとめた第一号かもしれませんし, そのために母はかなりの資産を使ってくれたようです.

小学校入学

昭和14年4月に浅草区立石浜小学校に入学しました.  その2年後, 昭和16年12月8日にわが国は太平洋戦争に突入しました.  私が小学校3年生の時です.  この年に尋常小学校が国民学校に制度替えになりました.  戦局も進み, 米軍による本土の攻撃も始まり, 昭和19年初めに縁故疎開ということで, まだ元気だった祖母と私と妹は, 父方の祖父母の故郷である栃木県宇都宮市郊外に疎開し, 私達は豊郷小学校に転校しました.  国民学校5年生の時です.  翌年の昭和20年3月10日は, 東京大空襲の日です.  疎開先からも東京の空は赤々としていたのを覚えています.  その浅草は甚大な被害を被り, 小堀一族は, 親戚のつてで東京府目黒区緑が丘に転居しました.  いま住んでいる所です.

東京府立第七中学入学

昭和20年4月に東京府立第七中学に入学しました.  長兄が学んでいた中学でしたが, 長兄は, 父の死で家業を継ぐことになり, やむを得ず, 学業に見切りをつけざるを得ませんでした.  その後, 長兄は召集され, 中国の南京に派遣されました.  その兄は, 大変に優秀で暗号通信兵士として抜擢されていました.  終戦後, 暗号通信にかかわった者は戦犯の可能性があったため, 将校たちは「何としても生きて日本へ帰って来いよ, 部隊にあるものは何でも持ち出していいから」と言い残して, 飛行機で日本にいち早く逃げ帰り, 一兵卒である長兄は戦地からすぐに戻ることができず, 1年かかって大変な思いをして復員してきました.  長兄が帰ると, 緑が丘の住居の納屋を改造し, また精密部品の製作を再開しました.  当時は、ライターの部品を製作していました.

府立七中は, 3月10日の東京大空襲では焼けませんでした.  私は, 自由が丘から東横線と地下鉄銀座線を使って通いました.  浅草・松屋からは東武線に乗り, 曳舟で降ります.  中学の木造の校舎はその後, 5月の空襲で焼失しました.  堀切から青砥付近までの線路側はすべて焼失し, 東武線は久しく開通することがありませんでした.  七中が焼失後は, 寺島小学校の校舎を借りて, 授業が行われました.  終戦後も, 浅草駅で降りて, 隅田公園の土手を歩いて通いました.  七中の校歌は文豪・幸田露伴が作詞したもので, 名歌との評判が高いものでした.  無二の親友である上野吉光氏(浅草・丸千の会長)と学校の帰り, 土手を歩きながら愛唱したものです.  上野氏とは帰りはいつも一緒で, 言問橋を渡るとすぐ実家でしたが, 議論, 話題に熱中し, 遠回りになる吾妻橋まで付き合ってくれました.
上野氏は, 大変優秀で, 東大に現役で入学するものとばかり思っていましたが, 私が勉強時間を奪ったため, 東大受験に失敗し, 外語大学に入学しました.  しかし, 翌年, 東京大学文科Ⅰ類に入学し, 文Ⅰから法学部へ進学し, 卒業に必要な単位を30もオーバーして取得, 8番の成績で卒業した秀才です.

さて, 私はというと, 七中を, 戦後の学制改革で都立第七高等学校と校名が変わりましたが, 昭和26年3月に卒業しました.  卒業後, 進学しないで, 家業に従事しました.  私は新しい機械が入ると必ず使いこなすことができたため, 貴重な戦力でした.
昭和21年に自由が丘の隣の駅, 都立大学でキヤノンがカメラの製作を始めていました.  そこからの仕事が我が工場にも回ってきていました.  キヤノンの初代工場長が時々, 我が家の工場に立ち寄ってお茶を飲んでいきます.  横浜高専(現・横浜国大)を出た方でした.  ある時, 長兄に, 私のことを大学に進学させたほうがいいと勧めてくれました.  その代わり, 仕事はいくらでも回すということでした.  私の仕事ぶりや日ごろの言動をみて, 私を助けてやりたいと思ったのでしょう.

東京大学入学

キヤノンの老工場長の勧めもあって, 長兄は私を大学に進学させることにしました.  当時の大学入学試験は, 昭和24年から始まった全国統一試験の「進学適性検査」と大学ごとの試験とで行われていました.  私は, 1年間のブランクはあったものの, 進学適性試験では好成績を取り, 昭和27年4月に東京大学理科Ⅱ類に合格しました.  Ⅱ類は, 370名だけでした.  現在の医学部医学科専攻課程の理科Ⅲ類は, Ⅱ類に入っていました.  当時の入学者は, 理科系はⅠ類430名, 文科系は文Ⅰ, 文Ⅱ合計1200名で, 総計は2000名でした.  入学後は, ドイツ語コースで, 多くの同級生は医学部医学科を目指していました.  私も, 当然医学の道に進むつもりでいました.  そのころ学んだドイツ語は, 後に別のところで役立つことになりました.  また, 大学在学中には多くのことを経験し, 以後の人生に重大な影響を与えました.(注)
大学で医学部医学科に進学するつもりで, 解剖実習も受けました.  初めは, ホルマリン漬けの大きなガマ蛙で, 次は生きている兎でした.  どぎつい血管の色, 各種の臓器の色を見るに及んで, 何ともいえない不安を感じ, 本郷の解剖室で多くの死体が並んでいる様子を見て, 完全に自信を失い, 医者への道をあきらめました. 
東京空襲後, 通学で隅田川の土手を歩くと, 川には遺体が浮かんでいるのを何度も見ていました.  そのころは, 死体を見ることに慣れていたのですが, だめでした.
進んだのは, 「三白景気」の時代だったので, 紙パルプ, 木材化学の道でした.  パルプの化学分析をすすめ, 木質繊維から絹と同等のものを製造する研究室です.

(注)

 1 完全装備の笠島氏と私は中古の軍靴を履き頭陀袋を担いで命がけで燕岳, 槍ヶ岳に登ったこと.
 2 太田氏と4名で九州一周旅行をしたこと.
 3 千葉の東大演習林(五千町歩)で樹木を知り, トランシットを使って測量を行ったこと. 
隣接する清澄山(きよずみやま)に日蓮が得度した大本山清澄寺(せいちょうじ)があることも知りました.
 4 林業科の助手をしていた方の援助で, 檜の産地・尾鷲林業を訪ねて, 紀伊半島を一周したこと.
 5 4年の夏休みの時(約40日間), 造林学の中村教授の要請により北海道演習林(三万町歩)に行き, 演習林の助教授を助けて窒素分析をすることになり, 日曜日は休みにしてくれたので, その時北海道を一周し, また2日間の予定で演習林の助教授のお供をして, 熊除けのための笛を吹きながらポソドールを探して, 演習林の最高峰に登り, その晩は樵小屋で大接待を受けました.  谷を越え, 川を渡り, 滝まであって, その雄大さは忘れがたいものがありました.

 

昭和31年に大学卒業, 当時, 資本金30億円(その当時、王子製紙は10億円でした)という大企業, 興国人絹パルプ(後の株式会社興人)の入社試験を受けました.  大企業では最も早い入社試験で, 面接の時に英語好きの専務とやりあったのですが, 発表日よりはるかに早い翌日には, 右田教授に採用の電話があり, 入社が決定しました.  昭和31年に大卒で入社したものは, 国立大学のエリートばかりで, 将来の重役候補ばかりでした.   当時の研究所の雰囲気が嫌いで, 工場の現場を希望し, 会社で一番大きい, 又その割には東京に近い富山工場を選びました.  当時の富山工場は, 敷地が100万坪(330万平方メートル)以上もあり, 従業員も3万人以上おり, 一つの町を形成していたくらいです.  そこの寮に入りながら, 3年間研究所に勤務しました.  現場を望んだのですが, 結局研究所に配属になりました.  逆に他の大学出身の同期生は研究所を望んでいたにもかかわらず, 現場に配属されました.
3年間の富山勤務の間に「酸性漂白」の特許をとり, 研究所ならば東京に戻るように要請しました.  今度は, 東京大学にある綜合研究所で, そこでより天然の絹に近い人絹の研究をすることになりました.  静岡県富士市にも紙の工場があり, そこで新たな不織布の開発にも携わり, 特許もとりました.  しかし, 世界的には原油より合成されるナイロンが発明され, 合成繊維, 合成樹脂の時代になり, 会社は次第に斜陽化していきました.
また, その頃, 日立製作所が新たに日立化成という会社を発足するので, 将来の社長候補ということで来てくれと勧誘されました.  緑が丘の家のすぐ近くに親戚が日立のクラブを経営しており, よく日立製作所の重役が来ていました.  私に, 雇われ社長になるよりは, オーナーでなければだめだと諭してくれました.  せめて, 富山にいる時に話のあった, YKKの親族になったほうがましだ, そのYKKはやがては立派な会社になるだろうとも言っていました.  また, 長兄は, 一つの会社に入ったら社長になるのだ, その他の会社に移るようなら, 家業を継げと厳命してきました.  いよいよ腹を固め, 家業に戻ることになるのですが, 興人の役員から, 大いに引きとめられました.  役員は, 母に家業を継ぎながら, 興人にとどまるように働きかけていました.  母も, 私がそこまで見込まれていることに大満足だったようです.

興人退社  小堀製作所に入社

家業は昭和28年12月, 株式会社小堀製作所としてスタート, キヤノンの第1号協力工場でした.  資本金50万円, 従業員は20人でした.
昭和36年3月に興人を退社し, 4月には小堀製作所の常務取締役として指揮を執ることになりました.  この時から, (株)小堀製作所の経営のすべてを双肩に担うことになったのです.  まず, 社長方針の作成, 発令, 工場建設, 品質管理体制の確立, 新鋭機械・設備の導入, それらの資金繰り, さらに長兄及びその一族に関する対外折衝等です.
最初に行ったのは, 母の出身地の茨城県岩瀬町に工場を建設することでした.  母の祖父母は, 二人とも水戸藩の中級武士の家柄でしたが, 祖父が事業に失敗し, 母をつれて, 夜逃げ同然の状態で東京に出てきました.
その母の名誉を回復したいという強い思いもあったからです.
工場には自動旋盤を導入しましたが, そのカム設計を自分で行い, キヤノンやツガミ(大手の精密機械メーカー)の工数の半分で済むことにも成功しました.
歯切盤に多条ホブを使用する技術でキヤノンや他社の2分の1から3分の1の工数に短縮できました.
キヤノンが高価な小松のマイプレスを3台も導入しながらマスターできずあきらめたところ, 私は, より安価な冷間鍛造機を導入, 原材の加工前処理および型設計もマスターしました.  そのためキヤノンはこの仕事のすべてを小堀製作所に注文せざるを得ませんでした.

小堀製作所岩瀬工場に近い, オオクマの子会社が防衛庁の仕事をやめたいと申し出があり, ツガミと日平産業(前身は大日本兵器株式会社)が「小堀ならできる」と評価し, 私が Mil.Spec. を解読できることもあって, 防衛庁の監査に合格し, 昭和37年初めには, 昭和火薬(日本工機)や細谷化工に協力して防衛庁と取引を開始しました.  その後, 防衛庁の技術陣が技術面・知識面でより優れている小堀がサブということがあるかということで私にプライムになってくれと頼まれ, 表示灯Ⅲ型の設計・開発に取り組み, 度重なる実用試験で, 監査にパスし, 防衛庁にプライムとして取り引きできるようになりました.  その途中で三菱重工業の名古屋の工場にも入場させてもらい, 世界的名機である YS11 だけではなく, ロケットもできることを知ることができました.  またこんな技術者を一生のうちに一度は使ってみたいと思った2人の技術者の援助を受けました.
防衛庁も実験航空隊の飛行機5機を2回飛ばしてくれ, 海幕もボルボのエンジンを2機装備した高速艇を浜松沖に出し, 私を乗せてくれました.  防衛庁関係の仕事により, 莫大なる利益を得, 以後の発展にそなえることが可能となりました.
また, 当時東南アジアの国境問題は常にトラブルの原因となり, 国境を監視し, その証拠を残したいため双眼カメラ(写真)を作ってくれないかと頼まれ, 1000台ほど作ってやり, 本体はTeflex(写真), レンズはTefnon(写真)として登録しました.  このTefnonの商標をめぐって後に, 米国とドイツのデュポン(DuPont)社からTeflonに似ているといわれのないクレームがつくことにもなりました.  一方は, 精密機械であり, 一方は樹脂なのにとは思いましたが, 交渉の後, 米国とドイツでの使用はあきらめました.  しかし, 世界のデュポンからのクレームがあったことに誇りも持ちましたし, 世界企業のすごさも思い知らされました.
昭和45年には, 東京都大田区矢口の多摩川側にあった木造2階建だった本社工場を5階建てに大改築し, その陣頭指揮に当たりました.  そのほか, 海外への進出を試み, 韓国, 台湾, 香港などを訪問し, 立地調査を行いましたが, 結論を先送りにしました.
国内でも岩瀬工場ほか, 新規に立地をもくろみ, 縁あって山形県大江町に昭和46年に工場を建設, その工場長を兼務することになりました.
昭和46年, 当時東京都台東区御徒町にあった堀田時計店は, 傘下に米国WESTCLOX社のドラム型のデジタル時計を製造していた四国精機工業株式会社(香川県坂出市)を持っていました.  そのWESTCLOX社から, ちょうど仕事量が少ない時に小堀製作所はある部品(今思えば武器の部品)を大量に受注することになり, 一息つくことが出来ました.  その堀田時計店に頼まれ, 四国精機工業株式会社の生産合理化に代表取締役として当たることにもなりました.  小堀製作所と四国精機の責任者としてWESTCLOX社とも交渉するために, 何度も米国を訪れました.  アラバマ州のGadsden市にも工場があり, ロスアンゼルス→アトランタ→ガズデンと飛び, 品質打ち合わせを行いました.  中西部で当時まだ人種差別が残っていた時代で, 黄色人種の日本の経営者が初めて市に来たのでどうするか, 商工会では問題になったのですが, 結局, 商工会の来賓として招待してくれました.  次の日には地方新聞にも大々的に載り(写真), その後新聞を送ってくれました.
しかしその後, やっと採算に乗ってきた四国精機に関係するWESTCLOX社からの注文がなくなり, 工場と従業員の半数を三菱電機福山SSに引き取ってもらうため, 工場長では手に負えないということで東京本社の担当専務と交渉に当たり, 了解してもらいました.  まだ若いときで, 当時の大企業の大物中の大物と交渉できたことで, その後の生き方に限りない自信がつきました.  四国精機工業から四国精密を分離し, 昭和49年5月には代表取締役を退任しました.

世界へ飛躍

昭和49年からは, 世界の先端技術調査のために, ヨーロッパ各地を訪れました.  当時, キヤノンから株式譲渡の話が持ち上がっており, 小堀製作所として存続の重大岐路に立たされていました.  ガラス(レンズ)には手を出すなと暗黙の圧力がかかっていましたが, 山形県西川町に昭和51年に工場を建設, レンズ部門を始めました. 
54年には交換レンズの一貫生産を目指し, ガラスレンズの生産のために同県河北町に谷地工場を建設しました. 5Ø mm~200Ø mm範囲の, 平面は勿論, 凸球面、凹球面のレンズに必要な機械設備と技術を持つようになり, 特にポリシング(研磨)の精度修正をごくごく短時間で行える技術をも確立しました. 更にコーティングに必要な最新鋭の洗滌装置 CNC (コンピュータ数値制御) -コーティング機も導入しました. 又, どうしても精密測定にアメリカのZYGO社の干渉計が必要でしたが, この会社の総代理店であるキヤノンを通して買うことは不可能であったため, 海外の友人の力を借りて購入, 修理の契約ができました。このことは, 小堀グループにとって何よりも貴重な財産となったはずです.  そして, 生産性向上に著しい力を発揮した超精密リセス皿を安価に作る技術を考案, 製作指示して完成させました.
一方で, 販路を見つけるために, 小堀製作所とは別に丸敬産業株式会社を設立し, 代表取締役に就任しました.  また, 小堀の持っている商標TEFNON, KOBORONを丸敬に移しました.  その時, テルモより,商標が TERMOに似ているとのクレームがありました.  この商標は兄弟会社の小堀の私がはるか昔に登録してあると答えたら, その後何の挨拶もありませんでした. 
昭和55年には, 北京の中国投資信託公司の要請で中国計量機器公司との合弁企業設立について話し合い, 56年に合意しました.  ここではガラスレンズの生産を始めましたが, 生産の遅れ, 不良品が多く, 翌年には事業を中止, 撤退することになりました.
一方でキヤノンからはいよいよ吸収合併の話が, 昭和57年に表面化, 月額2億円あった受注額は58年には4分の1, 59年にはゼロとなりました.  取引は一方的に中止され, 会社は窮地に陥りました.
しかし, そのことはある程度見越しており, 昭和56年に当時世界的なカメラ販売会社である米国のVivitar社と接触を試み, さらにドイツのカメラの交換レンズを手掛けるSOLIGOL社へ新規に販路を開拓していきました.  交換レンズを製造販売することで, 危機を乗り越えることができました.
その後, 売り先を見つけるために日本国内は当然のことで, ミノルタ, コニカ, フジ, 旭光学, 曙ブレーキ, トキナ, CBCなどを訪問し, また命がけで世界を飛んで歩きました.  世界30カ国, 100都市以上に上ると思います.  その成果もあがり, 香港, シンガポール, アメリカ, オーストラリア, スウェーデン, ドイツ, 英国に着々と取引先が出来ました.
韓国に協力工場として富源光学を見つけ, また栃木県太田原市の中村君に資金と技術を供与し, バングラディシュ人を教育し, バングラディシュに Precision 社も作らせました。
海外に輸出している時には, 毎年, PMA(Photo Marketing Association)の見本市に参加, その足で, Vivitar社の研究所, 同社が設立したVivtar大学を訪れました。大学では、Vivitarの数名の上級社員と学びました。その時, Panasonic(パナソニック)の子会社のウエスト電気(現・パナソニック フォト・ライティング)の部長と副社長(いずれも大卒)も一緒でした.  Vivitar社は, MIT大, ハーバード大出の3人の光学博士をかかえていましたが,   私が彼らと対等以上の対応をすることもあり, Masters of Higher Sales and Profitsの称号(写真)を授与されました.   Master の称号をもらったのは私だけでした.  Vivitar社はこの称号には特別の思い入れがあり, 修士, 博士とは異なった, ドイツ語の Meister の意味をも込めています(Vivitarの会長はドイツ系ユダヤ人です).
ウエスト電気とは、その後取り引きすることになり, さらにパナソニックとも代理店を通してでしたが, 取り引きすることになりました.
また, ドイツのケルンで1年おきに開かれるPHOTOKINAにも参加し続けました.
丸敬産業はまた, 国内対策として, 昭和57年には, 独自ブランド「テフノン・レンズ」の国内委託販売を試みましたが, 採算をクリアできず, 昭和61年に撤退することになりました.
昭和57年には, いかに利益率が高いとはいえ, 年間3億円以上になる見込みはなく, 打ち合わせや付き合いばかりが多く, また, 上層部には3分間防衛とかいって, 真に日本を守る気持ちも気力もないことを感じ, 防衛庁や日本工機との取引に幕を引きました.

専務・社長就任

平成7年, 時代は大きく変化し, 小堀製作所の改革にも着手しました.  そして, 平成8年専務に就任しました. 
平成13年4月には社長に就任しました.  翌14年には, 富源光学と共同出資して, 中国に栄成富源小堀電光有限公司を設立, ガラスレンズの一部を中国でも生産することになりました.

最後に

昭和36年に小堀製作所に入社してから, 平成21年に社長を辞任するまでの48年間, 役職を問わず, 当初から会社経営の全責任を背負ってきました.
当初, 1億円にも満たない売上高を10年で10億円, 15年で20億円, 20年で30億円, 最盛期の平成10年度には60億円まで伸ばしてきました.  その後, 日本の産業空洞化に伴い, 一時売上高は3分の1に落ち込んでしまいましたが, 近年では3分の2まで回復してきました.  利益は絶えず黒字を計上し, 確固たる利益を計上できる経営体質及び60%にも及ぶ法人税を納めた後, 30億円にもなる内部留保金と莫大な含み資産, 技術ノウハウ(特許)の蓄積を残しました.  私が取得した特許は一部を残し、特許切れとなってしまいましたが、現在でも小堀製作所の技術に生かされ多大な利益をもたらしています.
小堀グループが大きくなるたびにカタログを新しく作り続けてきました. そのためその都度, 航空機を2度, 3度と飛ばして全社的に航空写真を取得することに努力しました. またホームページの制作,  ISO規格の導入などにもいち早く取り組みました.
しかし, ある親族役員の経理ミスによる6億円超の損失・横領の疑いさえある不祥事を見逃していました.  当時私は体調が悪く, 家内の親族が対応に当たりましたが, その対応のまずさの責任をとって, 平成21年7月, 海外で二度も拉致され, また戦争中の一方の国の首都に入ってしまったこと, さらに長兄が昔の習慣で小堀製作所の株式の44%を持っており, 遺産相続の場合, 普通に相続税を払うと莫大な額になり, 他社の傘下にならざるを得ないことになり, 当社の顧問税理事務所さえ考えつかない方法を私は見事合法的に解決し, わずか2000万円余りの税金で済ますことができました等々, 常に命がけで尽くしてきたことを考え, 万感の思いを残して, 小堀製作所, 丸敬産業の代表取締役を辞任し, 退職しました.

 

その他

平成20年10月には東京大学基金の栄誉会員の称号を贈られました.
平成21年6月には紺綬褒章が授与されました.
平成27年3月に大改修により新装なった東京大学安田講堂(写真)に栄誉会員が刻印されたプレートが掲示され(写真),  私の名前もその中にあります(写真).  場所は講堂の1階ロビーの左側です(写真).